庭を広く見せるテクニック





以上、門まわり外回り(フェンス)小道・アプローチをまとめると、庭を広く心地のよいものにするためのテクニックが見えてきます。


1 庭を仕切る位置と仕切り方

広く開放的に見せるためには、道路や隣家などの境目を敷地ギリギリにするのではなく、門まわりも外回りも仕切る位置を道路より少し下げて、手前にオープンなスペースをつくることが大切です。
なかが見えない高い塀などはつくらず、オープンなスペースには木や下草をバランスよく植えます。
塀のようなものをつくりたいなら、低く中が透けて見える柵などを植栽の奥につけましょう。
目隠しをしたいところには、ボリュームのある常緑樹を植えれば大丈夫です。
敷地が狭いほど、全体的にオープンな庭にするメリットがあります。
木を植えることで敷地全体は実は狭くなっているのですが、視覚的には反対で、仕切る位置をバランスよく下げて木を植えることで、広く開放的に見せることができます。


2 庭の中の線の作り方

広く見えるかどうかは、「線」をつくりだすかがポイントです。
直線→曲線・ジグザグ→円の順で「線」は長くつくることができます。
線を長くつくれると、広く開放的に感じることができます。
玄関アプローチや園路も直線ではなく曲線に、デッキでも床材を斜めに敷いたり、デッキや形を円やアーチにしてみましょう。
門まわりや外周でも斜めの線や曲線を上手に利用して仕切れば、敷地以上の広がりと開放感を出すことができます。


3庭にメリハリをつける

メリバリ(強弱)をつけることは、庭に奥行きや変化をもたらし、広く見せることにつながります。「ベンチを置く」「デッキやテラスをつくる」「石組みなどで石を集中的に使う」「大きな樹木や樹木を多く植える」などの方法で、庭に強い部分、つまりポイントをつくります。
まとまりと落ち着きのある庭にするためには、このポイントを絞ってバランスよくつくることが大切です。
ポイントをつくる時は”7:5:3”の不等辺三角形を基本にバランスをとりましょう。


4 庭に遠近感を出す

庭に近景と遠景があれば、遠近感が出て、より広がりのあるように見せることができます。
近景をつくるには、広く見せたい側に株立ちの木を植えます。たとえばリビングの中から庭を広く見せたい場合には、リビング側の庭に株立ちの木を植えて、近景をつくります。この近景の木の幹の間をとおして庭の円形の樹木や草花は見えることで、奥行きと広がりを感じることができます。
また門の外から中の庭を広く見せたいなら、門前に株立ちの木を植えて近景をつくります。ただし、遠景をまったく遮ってしまうようなボリュームのある常緑樹を近景の木として植えることはさけます。視界が妨げられて開放感をなくしてしまうので注意しましょう。




基本のガーデニング資材・グッズ,花を引き立てるグッズ、花を育てる・守るために必要な資材などなど...
ガーデニングを楽しむ雑貨や,お庭づくりに必要なアイテムが大集合です!


ガーデニング資材・グッズ

 庭木や生垣など、大切に育てたい木々が主役のお庭づくりの情報が満載のページです。
シンボルツリーにお勧めする木、生垣や目隠しにお勧めする木、グランドカバーにお勧めの木などなど...
その他、庭づくりにかかせない資材などを紹介しています。


木が主役のお庭づくり
お気に入りのお庭づくりにするために...
草花や庭木、花木、果樹のほとんどがここでチェックできます。


草花・樹木カタログ

 ナチュラルガーデン...
決して野放しでできたお庭をナチュラルガーデニングと言うわけではありません。
無理して造ったわけではなく、人々が日々の生活をしている間に、時の流れとともにできた情景、どこかの国の特別ではない風景を連想させるお庭をめざして、こだわりのガーデニンググッズ、植物をさがしてみましょう。。。


ナチュラルガーデニングカタログ


楽天市場
花・ガーデン・DIYジャンルトップで探す

Menu


小道・玄関アプローチ

できるだけ距離を長くとる
小道づくりのポイント
舗装材選びのポイント
アプローチの具体例
庭を広く見せるテクニック