セットバックで開放的な空間を




フェンスを設置する際に1つ頭に入れておきたいことがあります。
それは「決して閉鎖的にならないということ。開放的で心地いい空間をフェンスでも取り入れよう」ということです。

門まわりと同じようにフェンスに関しても道路との境目ギリギリに塀をつくってしまうと閉鎖的な雰囲気をかもしだしてしまいます。
また、背が高く中がまったく見えないようなしっかりした塀も同じような結果を招いてしまいますよね。

ひと続きだった空間を区切ることは、塀より中側(=庭)を植物にもよくない環境にしてしまうということです。植物のためにも、なるべくここちよい空間を提供させてあげましょう。

それではどのような塀をつくってあげればいいのか?
道路からバランスよくセットバックしてスペースをつくり、そこに木々や草花を植えてあげるのです。
そうすることで、敷地全体を広く開放的に、そしてここちよく見せることができます。
レイズドベッド(上げ床花壇)をつくってあげるのもいいですよね。
この、「セットバックして植栽を施す」という作業、じつは防犯面においてもとても効果的なんですよ!
塀の前に木が1本あるだけでもかなり雰囲気が良くなってくるし、それだけで泥棒さんも入りづらくなります。

中側の敷地を少しでも広くとりたい気持ちは分かりますが、敷地が狭いほど外周まわりにスペースをつくることが中の庭とのつながりを生んで、外から見ても中から見ても広く感じることにもつながるのです。

想像して下さい。どの家のまわりにも樹木や草花が自然に植えられていたなら、どんなに気持ちのいい街並になるでしょう。。。




基本のガーデニング資材・グッズ,花を引き立てるグッズ、花を育てる・守るために必要な資材などなど...
ガーデニングを楽しむ雑貨や,お庭づくりに必要なアイテムが大集合です!


ガーデニング資材・グッズ

 庭木や生垣など、大切に育てたい木々が主役のお庭づくりの情報が満載のページです。
シンボルツリーにお勧めする木、生垣や目隠しにお勧めする木、グランドカバーにお勧めの木などなど...
その他、庭づくりにかかせない資材などを紹介しています。


木が主役のお庭づくり
お気に入りのお庭づくりにするために...
草花や庭木、花木、果樹のほとんどがここでチェックできます。


草花・樹木カタログ

 ナチュラルガーデン...
決して野放しでできたお庭をナチュラルガーデニングと言うわけではありません。
無理して造ったわけではなく、人々が日々の生活をしている間に、時の流れとともにできた情景、どこかの国の特別ではない風景を連想させるお庭をめざして、こだわりのガーデニンググッズ、植物をさがしてみましょう。。。


ナチュラルガーデニングカタログ


楽天市場
花・ガーデン・DIYジャンルトップで探す

Menu



外周・フェンス周り

セットバックで開放的な空間を
フェンス選びのポイント
木製/ウッドフェンスのメリット・デメリット
木製/ウッドフェンス選びのポイント
アルミフェンス選びのポイント・メンテナンス
フェンスの活用方法
トレリスやラティスを張る
フェンスにからませたいツル性植物