花壇の下準備(土づくり)




土は花に比べると地味な存在ですが、花たちにとってとても重要な役割を果たしてくれます。
土が新鮮でないと、花もきちんと育ってくれません。
花壇をつくるということは、土をつくるといってもいいくらい大切な作業なのです。

では、健康な土の作り方を説明します。

1−冬の間に天地返しをした人は、苦土石灰などで適宜酸度調整をして、一週間ほど寝かせておきます。

2−厳寒地・積雪地帯など天地返しが出来なかった地域も、3月になると作業に入れるようになります。1と同じように土を切り返して数日間さらしてから、苦土石灰で酸度調整します。

3−土の状態を見て、腐葉土や堆肥を加えてフカフカの土を作りましょう。

4−肥料を施します。有機質肥料の場合はすきこんでから一週間くらい寝かせます。
すぐに植え込みたい場合は、マグァンプが便利です。どちらにしても使うときはくれぐれも分量に注意しましょう。

これで、ふかふかの柔らかい土の完成です!

花壇の土が硬くて、水も表面を流れてしまうような土壌の場合。
土を軟らかくするには有機質が一番です。
有機質の種類は、稲わら・堆肥・厩肥・腐葉土・バーク・ベラボンなどがあります。
水が表面を流れるのは、土壌改良だけでなく、霧状の水を時間をかけてゆっくりと潅水することも必要です。

花壇の土がぬれるとドロドロし、乾くとカチカチするような粘土質の土壌の場合。
粘土質の土では、土壌中の気相割合が少ないことが原因なので、土壌の物理性を改善するために有機質の施用がまず必要です。
場合によれば粗めの砂を少し客土する事も有効です。

基本のガーデニング資材・グッズ,花を引き立てるグッズ、花を育てる・守るために必要な資材などなど...
ガーデニングを楽しむ雑貨や,お庭づくりに必要なアイテムが大集合です!


ガーデニング資材・グッズ

 庭木や生垣など、大切に育てたい木々が主役のお庭づくりの情報が満載のページです。
シンボルツリーにお勧めする木、生垣や目隠しにお勧めする木、グランドカバーにお勧めの木などなど...
その他、庭づくりにかかせない資材などを紹介しています。


木が主役のお庭づくり
お気に入りのお庭づくりにするために...
草花や庭木、花木、果樹のほとんどがここでチェックできます。


草花・樹木カタログ

 ナチュラルガーデン...
決して野放しでできたお庭をナチュラルガーデニングと言うわけではありません。
無理して造ったわけではなく、人々が日々の生活をしている間に、時の流れとともにできた情景、どこかの国の特別ではない風景を連想させるお庭をめざして、こだわりのガーデニンググッズ、植物をさがしてみましょう。。。


ナチュラルガーデニングカタログ


楽天市場
花・ガーデン・DIYジャンルトップで探す

Menu



花壇編

花壇づくりのポイント
花壇を作る上での素材

花壇の形態の種類
ボーダーガーデン
模様花壇
ハーブガーデン
リボン花壇
寄せ植え花壇
コンテナ花壇

花壇の植栽計画
花壇の下準備(土づくり)
花壇に培養土を使おう!
花壇の古土の再生