花壇に培養土を使おう!




ここで初心者のためのポイント伝授!

市販の培養土を使うととても便利です。

※培養土・・・あらかじめ、土などを混ぜ合わせてあり、すぐに使用できるようにしてあります。
市販培養土を使う場合、適する植物にあわせ売られているので、栽培したい植物用の培養土を購入してください。

例・・・草花用・観葉植物用・ラン用・シュロ竹用・サボテン用・ハーブ用・野菜用・サボテン用などと区別されています。

まず培養土に肥料が入っているかどうか、確かめましょう。
肥料があらかじめ入っている場合は、最初の植え込み時には混ぜ合わせの必要はありません。
でも追肥は必要です。
元肥の必要がない分、とてもらくちんです。
肥料が入っていない場合は、堆肥などを一緒に購入して、混ぜ合わせます。
また、肥料は、時々あげましょう。

肥料・・・液体肥料(ハイポネックスなど):即効性にすぐれています。
    緩効性肥料:長い間、効果あり。でも即効性はなく、1ケ月経過後くらいから効きはじめます。
元肥・・・植え込み時の肥料
追肥・・・元肥が切れたころに、与えます。

肥料の与えすぎは、かえってお花をダメにしてしまいます。
きちんと、分量を確かめ施しましょう。

例・・・液体肥料:1000倍程度に薄めるなど

参考:チッソ(N)・・・葉や茎の生育を助ける肥料
    リン酸(P)・・花や果実・根の生育を促進させる肥料
    カリ(K)・・・・根肥ともいわれ、植物自体を丈夫にします。(病虫害に強くなったりします。)

肥料は、品種や種類に応じ、決まった時期に与えます。
肥料を定期的に与え(やり過ぎは、かえってダメです)、良い環境のもとで、育てると、人間でいう健康体になり、病虫害も寄りにくくなります。

基本のガーデニング資材・グッズ,花を引き立てるグッズ、花を育てる・守るために必要な資材などなど...
ガーデニングを楽しむ雑貨や,お庭づくりに必要なアイテムが大集合です!


ガーデニング資材・グッズ

 庭木や生垣など、大切に育てたい木々が主役のお庭づくりの情報が満載のページです。
シンボルツリーにお勧めする木、生垣や目隠しにお勧めする木、グランドカバーにお勧めの木などなど...
その他、庭づくりにかかせない資材などを紹介しています。


木が主役のお庭づくり
お気に入りのお庭づくりにするために...
草花や庭木、花木、果樹のほとんどがここでチェックできます。


草花・樹木カタログ

 ナチュラルガーデン...
決して野放しでできたお庭をナチュラルガーデニングと言うわけではありません。
無理して造ったわけではなく、人々が日々の生活をしている間に、時の流れとともにできた情景、どこかの国の特別ではない風景を連想させるお庭をめざして、こだわりのガーデニンググッズ、植物をさがしてみましょう。。。


ナチュラルガーデニングカタログ


楽天市場
花・ガーデン・DIYジャンルトップで探す

Menu



花壇編

花壇づくりのポイント
花壇を作る上での素材

花壇の形態の種類
ボーダーガーデン
模様花壇
ハーブガーデン
リボン花壇
寄せ植え花壇
コンテナ花壇

花壇の植栽計画
花壇の下準備(土づくり)
花壇に培養土を使おう!
花壇の古土の再生